kPherox Blog

docker-composeを使ってnginxのリバースプロキシを設置する

nginxのdocker imageをSSL証明書を自動更新しながら使う。

サーバーを引っ越した話で最初に使ったイメージが悪かったので置き換えた

Table of Contents
  1. 最初のDocker image
  2. 一度docker-compose v3で使うことを諦めてた方法
  3. docker-compose v3で廃止されたvolumes_fromに相当する設定
  4. 注釈

最初のDocker image

サーバー移転した時にはNeilpang/nginx-proxyをforkしたkPherox/autocert-nginx-proxyを使ってた。fork元ではjwilder/nginx-proxyのfork(Neilpang/nginx-proxy-base)でnginxバージョンをlatestにする変更があったのだけれどimageを定期的に作り直してなく、むしろメンテされてるfork元の方が新しいnginxを利用するようになっていたのでjwilder/nginx-proxyを直接使うような変更を加えていた

しかし証明書の期限まで1ヶ月になった今月、問題が発生した
このimageで利用しているacme.sh/etc/nginx/conf.dにある設定のバックアップを取ってlocation ^~ /.well-known/acme-challenge/<filename>の設定を追加するようになっているためconf.dではなくvhost.dをserverディレクティブで読み込んでいるこのimageではそれが追加されたところで全く意味がない

結局Invalid responseで証明書の更新がうまくいかないので別の方法を探すかどうにかimageを修正しなければいけない必要が出てきた

一度docker-compose v3で使うことを諦めてた方法

docker-composeはdocker --volumes-fromと同様のプロパティをv3になって廃止した。そのため、JrCs/docker-letsencrypt-nginx-proxy-companionのような--volumes-fromに依存する設計だと素直に使えないしdocker-composeの問題ということになって閉じられてるIssueまであった1

ただこちらは継続的にメンテされており先に使っていたものと違って正しく動くことが期待できるため、どうにか使う方法はないかとIssueを探すことにした

docker-compose v3で廃止されたvolumes_fromに相当する設定

とにかくvolumes_fromと同じことをしなくてはいけない。Docker公式のドキュメントにはnamed volumesを設定するといいとある2ので適当にvolumesを設定してみることにした

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
version: '3.5'
services:

  nginx-proxy:
    image: jwilder/nginx-proxy:alpine
    network_mode: host
    ports:
      - "443:443"
      - "80:80"
    environment:
      - ENABLE_IPV6=true
      - VIRTUAL_HOST=kpherox.dev,www.kpherox.dev
      - LETSENCRYPT_HOST=kpherox.dev,www.kpherox.dev
    volumes:
      - doc_root:/var/www
      - html:/usr/share/nginx/html
      - dhparam:/etc/nginx/dhparam
      - conf:/etc/nginx/conf.d
      - vhost:/etc/nginx/vhost.d
      - certs:/etc/nginx/certs:ro
      - /var/run/docker.sock:/tmp/docker.sock:ro

  autocert:
    image: jrcs/letsencrypt-nginx-proxy-companion:latest
    environment:
      - DEFAULT_EMAIL=admin@mail.kr-kp.com
      - VIRTUAL_HOST=kpherox.dev,www.kpherox.dev
    volumes:
      - html:/usr/share/nginx/html
      - certs:/etc/nginx/certs:rw
      - vhost:/etc/nginx/vhost.d
      - /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock:ro

volumes:
  doc_root:
    driver_opts:
      type: none
      o: bind
      device: /path/to/document_root
  html:
    driver_opts:
      type: none
      o: bind
      device: /path/to/html
  conf:
    driver_opts:
      type: none
      o: bind
      device: /path/to/conf.d
  vhost:
    driver_opts:
      type: none
      o: bind
      device: /path/to/vhost.d
  dhparam:
  certs:

これでうまくいくかと思いきやautocertサービスがnginx-proxyを見つけられないようで解決しなかった。もう一度Issueを漁るとCompose V3 Compatibility - fix volume_fromで “This works for me” とリンクが貼られていた3

どうやらdepends_onでnginx-proxy serviceを設定するといいらしい
https://github.com/JrCs/docker-letsencrypt-nginx-proxy-companion/issues/102#issuecomment-463573796

なので最終的に以下のdocker-compose.ymlで動くようになった

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
version: '3.5'
services:

  nginx-proxy:
    image: jwilder/nginx-proxy:alpine
    restart: always
    ports:
      - "443:443"
      - "80:80"
    environment:
      - ENABLE_IPV6=true
      - VIRTUAL_HOST=kpherox.dev,www.kpherox.dev
      - LETSENCRYPT_HOST=kpherox.dev,www.kpherox.dev
    volumes:
      - doc_root:/var/www
      - html:/usr/share/nginx/html
      - dhparam:/etc/nginx/dhparam
      - vhost:/etc/nginx/vhost.d
      - certs:/etc/nginx/certs:ro
      - /var/run/docker.sock:/tmp/docker.sock:ro
    labels:
      - "com.github.jrcs.letsencrypt_nginx_proxy_companion.nginx_proxy"

  autocert:
    image: jrcs/letsencrypt-nginx-proxy-companion:latest
    restart: always
    depends_on:
      - "nginx-proxy"
    environment:
      - DEFAULT_EMAIL=admin@mail.kr-kp.com
      - VIRTUAL_HOST=kpherox.dev,www.kpherox.dev
    volumes:
      - doc_root:/var/www
      - html:/usr/share/nginx/html
      - certs:/etc/nginx/certs:rw
      - vhost:/etc/nginx/vhost.d
      - /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock:ro

volumes:
  doc_root:
    driver_opts:
      type: none
      o: bind
      device: /path/to/document_root
  html:
    driver_opts:
      type: none
      o: bind
      device: /path/to/html
  vhost:
    driver_opts:
      type: none
      o: bind
      device: /path/to/vhost.d
  dhparam:
  certs:

実際にはpleromaを別のdocker-composeで動かしてるのでnginx-proxynetwork_mode: hostにしてconf.dnginx-proxyのvolumesに追加してupstreamにpleromaを追加している。pleromaを更新する時にdockerのscaleを使ってコンテナを切り替えるようにしてるので複数のportへプロキシする必要があるためこうしている

注釈