kPherox Blog

Oracle Cloud Always Free の Canonical Ubuntu 20.04 (Minimal) のセットアップ

Oracle Cloud の Always Free で APT と Docker + nftables の設定をする

Oracle Cloud の Canonical Ubuntu 20.04 (Minimal) は何も設定しないと、せっかくの minimized で apt install の時に Recommends にされてるパッケージまでまとめて入れてしまうので自動更新とかも合わせてちゃんと設定する

Table of Contents
  1. APT::Install-* と Docker と nftables をまとめて設定
  2. APT の自動更新
    1. apt autoremove と 再起動
    2. メール通知
    3. 差分
  3. nftables
  4. 注釈

APT::Install-* と Docker と nftables をまとめて設定

GitHub Gist でスクリプトを公開してあるので curl | bash してしまう
https://gist.github.com/kPherox/ae6f2dfd0e12ba70a8f6c9d338272ba7

1
curl -fsSL https://gist.github.com/kPherox/ae6f2dfd0e12ba70a8f6c9d338272ba7/raw/ubuntu_minimal_docker_nftables_install.bash | bash

やってることは順番に

  1. Recommends と Suggests を明示的にインストールしないようにする
  2. Docker の Ubuntu 用 Repository の GPG key を取得
  3. APT のソースリストに Docker Repository を追加
  4. APT の更新
  5. docker-ce と依存関係の docker-ce-cli, containerd.ionftables のインストール
  6. Docker が利用する iptables を iptables-nft にして nftables を使うようにする
  7. これを実行してるユーザーを docker group に追加して sudo 無しで docker を使えるようにする

APT の自動更新

デフォルトで unattended-upgrades が入ってるので /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades を編集する

Ubuntu Minimal には emacsnanovimvi ですら入ってないので sed でコメントを外して値を変える

apt autoremove と 再起動

apt autoremove に相当する Unattended-Upgrade::Remove-Unused-Dependencies と 再起動が必要な時に勝手に再起動させる Unattended-Upgrade::Automatic-Reboottrue にする

1
sudo sed -i'' -e's#//\(Unattended-Upgrade::\(Remove-Unused-Dependencies\|Automatic-Reboot\) "\)false\(";\)#\1true\3#' /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades

Unattended-Upgrade::Automatic-Reboot "true" にした時の再起動の時間を 02:00 UTC から 04:00 JST にする

メール通知

自動更新の通知をメールで受け取るには Unattended-Upgrade::Mail にメールアドレスを入れる

1
sudo sed -i'' -e's#//\(Unattended-Upgrade::Mail "\)\(";\)#\1user@mail.example.com\2#' /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades

メールをエラーが起きた時だけにする場合は Unattended-Upgrade::MailReportonly-on-error にする

1
sudo sed -i'' -e's#//\(Unattended-Upgrade::MailReport "\)on-change\(";\)#\1only-on-error\2#' /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades

差分

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
 // 更新通知メール
-//Unattended-Upgrade::Mail "";
+Unattended-Upgrade::Mail "user@mail.example.com";
 
-//Unattended-Upgrade::MailReport "on-change";
+Unattended-Upgrade::MailReport "only-on-error";
 
 // apt-get autoremove
-//Unattended-Upgrade::Remove-Unused-Dependencies "false";
+Unattended-Upgrade::Remove-Unused-Dependencies "true";
 
 // 自動再起動
-//Unattended-Upgrade::Automatic-Reboot "false";
+Unattended-Upgrade::Automatic-Reboot "true";
 
-//Unattended-Upgrade::Automatic-Reboot-Time "02:00";
+Unattended-Upgrade::Automatic-Reboot-Time "04:00";

nftables

Oracle Cloud でのファイアウォールの設定まだわかってないので、ひとまず nftables で IPv4 と IPv6 両方使えるようにして ping と ssh http/https を許可して Docker のループバックができるような感じの設定を /etc/nftables.conf に書き込む

Oracle Cloud の日本リージョンではまだ IPv6 の Public IP を貰えないので1 IPv6 をここで使えるようにする意味は基本的にない英語のページで全てのリージョンでIPv6サポートしてるよって書いてあった2。日本語も更新してくれ……

Oracle Cloud では cloud-init サービス が dhclient を呼ぶことで VNIC で割り当てた IPv6 がネットワークインターフェースに追加されるので dhcpv6-client(546/udp) を開けておく必要がある

Oracle Cloud VCN で相互に通信する必要がある場合は ip daddr 10.0.0.0/24 accept などで Private IP は素通りさせるように設定する必要があるかもしれない?

#!/usr/sbin/nft -f

flush ruleset

table inet filter {
	chain input {
		type filter hook input priority 0; policy drop;
		ct state related,established accept
		iif lo accept
		ct state invalid drop
		icmpv6 type { nd-router-advert, nd-neighbor-solicit, nd-neighbor-advert } accept
		icmpv6 type echo-request accept
		icmp type echo-request accept
		tcp flags & (fin | syn | rst | ack) == syn ct state new jump TCP
		reject with tcp reset
		ct state new jump UDP
	}
	chain forward {
		type filter hook forward priority 0; policy drop;
		ct state related,established accept
		iif "lo" accept
		ct state invalid drop
		mark 1 accept
	}
	chain output {
		type filter hook output priority 0; policy accept;
	}
	chain TCP {
		tcp dport ssh accept
		tcp dport http accept
		tcp dport https accept
	}
	chain UDP {
		udp dport domain accept
		udp dport https accept
		udp dport dhcpv6-client accept
		udp dport dhcpv6-server accept
	}
}

table ip filter {
	chain DOCKER-USER {
		mark set 1
	}
}

iptables-restore を呼んでいる netfilter-persistent.service を無効にして nftables.service を有効化する

1
2
3
sudo systemctl disable netfilter-persistent
sudo systemctl enable nftables
sudo reboot

注釈

  1. IPv6アドレス指定は、現在、米国Government Cloudでのみサポートされています。すべての米国Government Cloudのお客様を参照してください。
    https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Network/Concepts/ipv6.htm 

  2. IPv6 addressing is supported for all commercial and government regions.
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/Content/Network/Concepts/ipv6.htm